メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 先輩移住者の声 > 新城・安武様

新城・安武様

先輩移住者のご紹介

・安武隆信さん…大阪出身で、高野山大学に入学をし、在学中にお寺に入り20~27歳まで高野町に住んでいた(住所は 新城の祖父宅にしていた)。

・安武史さん…神戸出身で、結婚を機に新城に(神戸といっても住んでいたところは、かつらぎ町の笠田地域のような田園地域)。

安武さん夫婦

 

インタビュー内容

移住してきて思ったこと

史さん)空気がきれいで、人間関係がとてもいいです。国道に出るまで車で20分かかりますが、それを計算に入れて行動しているので、なんの問題もありません。新城に来て嫌だったことは、虫がいっぱい出てきたことです。蜘蛛の巣がすごくて、蛇が風呂場に出てきたこともありました。カエルとイモリは家の中にも出てきます(住んでいた家が古かったせいもあるでしょうが)。虫は嫌いでしたが、今では慣れました(笑)触ることはできませんが、共生しているような感じです。

隆信さん)生活の中で、自然や生き物と共生していることを感じられるのは、子ども達にとってもとてもいいことではないかと思っています。

 

移住してから変わったこと

史さん)こっちに来てから180度変わったと思います。昔は、学校でも目立たなく、おとなしい性格でした。大学に入ったぐらいから人との交流に興味を持ち始めたのですが、新城地域に来て様々な人と知り合いになっていくうちに、交流が大好きになりました。地域活動にも積極的に参加しています。この地域での、自分の役割を見つけることができたので、今から都会に住もうとは思いません。

 

移住を検討している方へのアドバイス

隆信さん)田舎と言えば農業ですが、農業1本でやるつもりできてはダメ。農業で食べていくには、めちゃくちゃ大規模でしなければ無理です。仕事を確保することが重要です。新城地区は、車で20分走れば、国道に出ます。通える範囲にたくさん仕事を見つけられると思うので、その点は恵まれていると思います。

史さん)また、人との交流を積極的に楽しめる人であるということ。田舎で、ずっと家に引きこもっているのは無理なので。地域での会合に参加することが重要です。新城地域の人たちは、呼びかけをしてくれるのですぐに入れました。「縁を無駄にしない。繋がりを大事にすること」が、田舎暮らしするには重要だと思います。

ご夫婦)これから新しく移住してくる人がいれば、手助けをできたらなと思っています。