メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 働く > 就農支援情報

就農支援情報

農業をはじめる前に

将来の農業経営を成功させるためには、農業をはじめる前に、あらかじめ様々なことについて考え、計画しておくことが重要です。また、一般に就農当初は経営が厳しく、農業収入のみで生活するのは困難です。そのため、あらかじめ生活費として必要な資金を用意することをおすすめします。

ノートと電卓

就農に向けて考えておくべきポイント

  1. どこで、どのような品目を、どのような方法で栽培するのか
  2. 経営の規模、収支の程度はどのくらいを想定するのか
  3. 農業技術など必要な知識はどのように修得するのか
  4. 作った農作物はどこに売るのか(販路の確保)

農地 売り場

 

職業訓練校

和歌山県農業大学校

野菜・花き・果樹を中心とした栽培技術や知識の習得を目指します。産業分野への就職、就農で基本となる、トラクターやパワーショベル等の重機使用などの機械操作演習を行うとともに、免許取得の機会を設けます。専攻実習では、専攻コースごとに栽培技術を高め、先進農家での農家実習等により、農業の経営基礎を学びます。

お問い合わせ

かつらぎ町中飯降422

  

青年就農給付金(新規就農・経営継承総合支援事業)

青年の就農意欲の喚起と就農後の定着を図るため、就農前の研修期間(2年以内)および経営が不安定な就農直後(5年以内)の所得を確保する給付金を給付します。

準備型

就農にむけて、都道府県が認める都道府県農業大学校や先進農家・先進農業法人等で研修を受ける方に最長2年間、年間(最大)150万円を給付します。

経営開始型

45歳までに独立・自営就農される方に、農業を始めてから経営が安定するまで最長5年間、年間150万円を給付します。

お問い合わせ

  • 産業観光課振興係 電話番号:0736-22-0300(内線2181)

 

地域活性化アグリビジネス支援事業

都市と農村との交流を推進するため、市民農園や交流・体験施設、農家民泊の開設などに必要となる経費の一部を補助します。また、農家の方が民宿を始められる場合、住宅改修の経費の一部を補助します。
注意:農家民泊認定の手続きが必要となります。

対象

農業者団体(2戸以上)、農家民泊開設者等

プラン

  1. 市民農園…農園区画・園路の整備、農機具収納施設、休暇施設など
  2. 交流・体験施設…POSレジ、冷蔵庫、加工機材など
  3. 農家民泊…開業のための家屋改修、防火カーテン、消火器など
  4. グリーンツーリズムの推進…集客力向上に向けたモニターツアーの開催、PRパンフレットの作成など

補助金額

補助対象経費の1/3~1/2、定額
(上限)50万~200万円 ※プラン内容により異なります

お問い合わせ

  • 産業観光課振興係 電話番号:0736-22-0300(内線2104)
  • 伊都振興局企画産業課 電話番号:0736-34-1700

 

和歌山県での起業・農林水産就業を支援します!

田舎暮らし推進地域(天野・新城・四郷地区)の受入協議会の支援を受けて、県外から移住する(または移住した)方の、起業もしくは農林水産業への独立就業を経済的に支援します。

対象

60歳未満で、10年以上定住する意志のある方

1.移住者起業補助金

農林水産物、伝統的生活文化や自然環境等の地域資源を活用した新たな起業をする方に、対象経費の10分の10(最大)100万円補助します。

交付団体2 交付団体
補助金利用:天野和み処 Cafe‘客殿

2.移住者農林水産就業補助金

農林水産業に就業する、以下いずれかの規模要件を満たす方に、対象経費の10分の10以内(最大)50万円補助します。
注意:1年間の世帯所得見込み額が200万未満であること

・農業…露地野菜15a以上、または施設野菜5a以上、または果樹20a以上を耕作、
   もしくは肉用牛(繁殖経営)5頭以上、または採卵鶏300羽以上を飼養

・林業…建築用材、または一定規模以上の特用林産物を生産 

お問い合わせ

  • 産業観光課 電話番号:0736-22-0300(内線2212、2104)
  • 和歌山県過疎対策課 電話番号:073-441-2930(内線2930)

 

農業担い手交流会

若手農業者の交流を深めるため、また情報交換・農業研修など自己研磨を図るため交流会を開催しています。役場が、町内の若手農業者の親睦を深める手助けを行っています。

 

農機具バンク

使用されていない利用可能な農業用機械等の情報を、役場が集約し必要としている方に、あっせんをしています。

農機具